本堂

  1. トップページ  > 
  2. お知らせ
お知らせ
《本性院 庫裡客殿 屋根瓦 ご奉納のご案内》

 拝啓 本性院庫裡客殿建立にあたり日々ご協力賜り有難うございます。
 さて、愈々令和3年4月(予定)の庫裡客殿建立に際し、屋根の供養瓦、祈祷瓦の寄進を受付けています。
 庫裡客殿の改修は、本堂と同じく数百年に一度という大変尊い事業となります。
 この機会にお一人でも多くの皆様にこ緑を結んでいただき、こ奉納下さいますようご案内申し上げます。
 但し、瓦の枚数に限りあり、先着順です。御了承下さい。
                                     謹白
                        本性院 晋山記念事業実行委員会

本性院 庫裡客殿 屋根瓦ご奉納の募集要項と受付簿PDF
《晋山記念事業 庫裡客殿改築改修》

 檀信徒の皆様におかれましては、平素より本性院の法灯護持につきまして、深い理解と惜しみないご協力に役員ー同心より感謝いたしております。
 晋山記念事業の件に関しまして、五ヶ年計画での浄財篤志のお願いをし、着々と計画書の提出や既に予定寄付金の全額一括で納金を終えたご家庭等もあり、関係者一同その篤い志にただただ感謝の念のみです。
 法灯護持会としましても運営委員会を発足し、法灯護持会よりメンバーを選定、組織して、これから先の寺の姿、維持方法等を鑑み、再度の業者選定等を実施し、寺社建築2社による現況の冷静な判断や新たなる提案等もお願いして、安心安定の建立維持を固るため、再検討したものを運営委員会より法灯護持会へ提出し、承認し進み始めました。
 ここで、檀信徒皆様方へは、その提案から客殿改修・庫裡改築での初期提案で進めていましたが、屋根裏・床下等の劣化状況や耐震対策の金額的負担と今後の対応年数の確保等の為、客殿庫裡ともに改築とさせていただき、岡山に本社がある荒木組による事業となりました事をこの場をお惜りして報告をさせていただきます。
 今後の一層具体的な案は、寺の要望等も勘案し、運営委員会、業者間での細やかな調整により進めさせていただく所存です。
 檀信徒の皆様におかれましては、今後とも宜しくお見守りいただき、皆様からの浄財を無駄にする事なく、皆様の総意篤志で後世に残せる子孫の為の集いの場の環境整備と現住職の遅ればせながらの晋山慶事の一助となります事を役員ー同願っています。
 宜しくご賛同とこれからの篤志完納の重ねてお願いをこの場をお惜りしてお願い申し上げます。
                                     敬具
 平成29年12月吉日
               本性院 晋山記念事業運営委員会 委員長 平田 積
                              同委員・総代会一同


《スケジュール》
地鎮祭  令和元年10月16日
上棟式  令和2年春予定
完 成  令和2年12月末予定
落慶法要 令和3年春予定